JR東日本: Pawstep(ぱうすてっぷ)|愛犬・愛猫とのくらしを楽しく健やかなものとするペット総合情報サイト

logo
ペット保険

ペット保険

Pet Insurance

about-img
ペット保険って?
ペット保険は、どうぶつたちのケガや病気の治療にかかる医療費を保険会社が補償してくれる保険商品です。飼い主さんが契約者となって加入することで、補償を受けられるようになります。私たちは、国民健康保険などに加入していますが、どうぶつたちにはこのような公的な制度がありません。そのため、動物病院に支払うすべての医療費(通院費・入院費・手術費など)は自己負担となっています。ペット保険に加入していれば、こうした医療費の自己負担を軽減することができます。
近年、どうぶつたちの「家族化」や「長寿化」に伴いペット保険のニーズは高まってきています。万が一の時に備えて大切な家族のために安心を準備しておくことは、どうぶつたちも人間も変わりありません。大切な家族であるわんちゃん・ねこちゃんのためにも、ペット保険に加入することを考えてみませんか?
about-img
補償の種類
補償内容は商品によって様々です。通院・入院・手術が補償される商品、入院と手術に特化した商品などが多く見られます。なかには病気の早期発見に役立つ健康チェックが毎年無料で受けられる商品もあります。
また、保険金の請求方法についても、動物病院の窓口で人間の健康保険と同じように自己負担額を支払うだけの商品、一旦全額を支払ったあとに保険会社に請求する商品などがあります。
通院
動物病院への通院費用(診療費・処置費・お薬代など)に対する補償です
入院
入院費用に対する補償です
手術
手術費用に対する補償です
+特約
各保険会社によって特約を付けられる場合もあります
加入に制限はあるの?
多くのペット保険商品では、加入時の年齢制限があります。人間の生命保険と同様に年齢が高くなるに応じて保険料も高くなる傾向がありますので、わんちゃん・ねこちゃんのためにこれからペット保険への加入を考えている方は加入可能年齢を確認することも大切です。
また、保険加入後に更新ができる年齢なども保険会社により異なりますので加入時によく確認されることをおすすめします。
更に、既に病気をしている場合には保険に加入することが難しくなってしまうことも。元気で健康なうちに加入すると、シニア期に入ってから大きな病気をしても保険を利用することができるので安心です。保険会社によっては、保険加入後に発症した場合でも、先天性の疾患が補償の対象外となることもあるので加入前に確認することをおすすめします。
about-img
日本のペット保険の加入率
日本はヨーロッパ諸国と比べて加入率が低く、ペット保険に加入されている方は全体の10.3%(※)と言われています。
わんちゃん・ねこちゃんの一生の中で若いうちは元気でも、年齢を重ねて徐々に病気にかかりやすくなります。どうぶつたちの病気やケガのリスクを、全額負担できる準備ができていれば問題はありません。しかし高額な医療費が必要になった場合には、家計にも大きなダメージを与えてしまうかもしれません。
大切な家族の一員である愛犬・愛猫がより良い医療を受けて少しでも長生きできるように、しっかりと備えておきましょう。
※引用元
㈱富士経済発行「2020年ペット保険関連市場マーケティング総覧」
一般社団法人ペットフード協会「令和元年(2019年)全国犬猫飼育実態調査」
about-img
about-img
※ 本サイトを運営する東日本旅客鉄道株式会社は、保険会社又は保険代理店ではありませんので、保険の媒介・募集・販売行為は一切行いません。
当社はクッキーを使ってサービスを提供しています、当社のウェブサイトにアクセスすることにより、個人情報の取扱いに関する基本方針に記載されているクッキーの使用に同意するものとします。